つまつまと暮らす。

静かな日常を記していきます。

おとも

 

 

お疲れ様です。

ご訪問くださり、ありがとうございます。

 

 

休みの日の前夜、寝る支度を完全に整えてからの時間

 

そそくさと寝るのがなんだか勿体ない

 

そんな気持ちの時間に決まって読みたくなる本があります。

 

もっぱら詩集やエッセイが多く、それも何度も何度も目を通した本

 

なんだか落ち着くし、日によっては心地の良い気づきをくれるので、本当に重宝しています。

 

言葉で表現することを生業としている人の言葉は美しいですよね。

 

 

f:id:yuuyuii:20210227181536j:image

△『あたしとあなた』谷川 俊太郎


f:id:yuuyuii:20210227181539j:image

△『バウムクーヘン』谷川 俊太郎


f:id:yuuyuii:20210227181533j:image

△『男と女の台所』大平 一枝


f:id:yuuyuii:20210227181543j:image

△『往復書簡 初恋と不倫』坂元 裕二


f:id:yuuyuii:20210227181529j:image

△『倚りかからず』茨木 のり子

 

 

美しい言葉や感性に何度も何度も触れて、なんとか自分の血肉に刷り込みたい…と思っているのです。(笑)