つまつまと暮らす。

京都を練り歩いています。古き良き和なものに惹かれます。ご飯、散歩、映画、音楽に癒される日常ブログ。

お金にまつわる神社とお金の話

 

お疲れさまです。

 


本日は、お金にまつわる京都の神社2箇所とおまけの独り言を記していきます。

お付き合いいただければ、嬉しいです。

 

 

 

まずは金運といえば外せない

御金神社から!

 

f:id:yuuyuii:20201011170937j:image

 

鳥居が金ピカです。


もともとは、平安時代から鋳物職人である釜師が集まる「釜座通り」や、徳川家康により設けられた「金座」と「銀座」という江戸幕府の金貨鋳造を担う金銀細工業者が集められていた「両替通り」が近くにあったことから、このあたりはかなり賑わい、華やかだったようです。


あらゆる金属類、および鉱物や宝石などの鉱石を護り給う事から、信仰されてきたようです。(御金神社の公式HP参照)

mikane-jinja.or.jp

 

大通りから入った小道を進んだ先にあるこじんまりとした神社なのですが、なんと午前中から列を成すほどの参拝者がいらっしゃいます。


中で販売されているお守り等も金ピカピカピカです。

 

 

 


続いては、今宮神社です。

 

f:id:yuuyuii:20201011171115j:image

 

疫病や厄災鎮めの歴史があることから、病気平癒等の御利益があると言われていますが、別名を『玉の輿神社』とも言います。


八百屋に生まれたにも関わらず、三代将軍家光の側室にあがり、後に五代将軍綱吉を生んだことで、最高位まで昇り詰めた女性、桂昌院の名「玉」が「玉の輿」のもとになったとのことです。(今宮神社公式HPを参照)

www.imamiyajinja.org

 

今宮神社といえば、やはり名物のあぶり餅が有名です。

(写真は前回の記事に載せておりますので、よければご覧ください。)

 

yuuyuii.hatenablog.com

 

今宮神社の境内にあるあぶり餅のお店はふたつあります。


私がいただいた「かざりや」さんと、もうひとつは「一和」さんというお店です。


真向かいにふたつのお店が向かい合って建っているので、はじめて行くとどちらに入ろうか迷っちゃいます。


どちらのお店もご家族のお客さんが多い印象でした。

子供の頃にあぶり餅をおやつに食べられたら最高だったろうなぁ…

 

 


さてさて、

今回はお金にまつわる神社巡りをご紹介しました。

 


私の肌感覚なのですが、「金運」や「良縁」にまつわる神社は、大小問わず参拝者の方が多いように思います。


やはり、それだけ多くの人の関心のある分野なのかもしれません。

 

 

 

にしても、

お金の使い方って凄く人柄が出ますよね。


正しくお金を使うには、自分をよく知る必要があるのかなと最近思います。


自分が何を求めているのか

どんな経験や、何をしている時に心が満たされるのか

誰の笑顔が見たいのか

どんな時に無駄遣いをしてしまう傾向にあるのか

 


私はあまりお金の管理が得意ではないのですが、

まずは目の前のお金を大切に適切に使えるように…なれるといいなぁ。

 

 


では、今日はここまで。

読んでくださった方、本当にありがとうございました。