つまつまと暮らす。

京都を練り歩いています。古き良き和なものに惹かれます。ご飯、散歩、映画、音楽に癒される日常ブログ。

朧八瑞雲堂の生どら焼きをいただきました。

 

お疲れさまです。

 

 

先日、京都にある朧八瑞雲堂(おぼろやずいうんどう)という和菓子屋さんの生どら焼きをいただきました。

 

 

情報誌や旅行雑誌でもよくみる、とても有名な生どら焼きがあるんですよね!

 

 

私が行った時、生どら焼きは小倉、黒ごま、メープル、抹茶の4種類の味が売っていました。

 

 

やはり最初は王道をいただきたい!

ということで、

 

 

まずは小倉です!

 

f:id:yuuyuii:20200806204029j:image

 

やはりインパクトがありますね。

クリームの部分はムースのような口当たりです。

 

f:id:yuuyuii:20200806204056j:image

 

クリームに小倉が混ざっているのですが、クリームの下にはそのままの粒餡もたっぷりと入っています。

粒餡はしっかり甘いです。

まさに、小豆好きのための小豆づくしの一品です。

 

 

続いては、抹茶!!

 

f:id:yuuyuii:20200806204450j:image

 

こちらも圧巻です。

小倉と同様にクリームは口当たりが軽くて、抹茶をしっかりと感じられます。

 

f:id:yuuyuii:20200806204557j:image

 

こちらも、下には小豆がたっぷりと入っています。

小豆が甘いので、深みのある抹茶とよいコントラストになっていて、美味しいです。

 

 

 

生どら焼きの他にも目を惹く商品がありまして、買ってしまいました。

 

f:id:yuuyuii:20200806205225j:image

 

みたらし団子です。

ひとつの団子のボリュームが過去最高です。

 

口に入れた瞬間、しっとりとした食感で餅米の風味が感じられます。

つきたてのお餅をいただいているような感じ。

 

少し冷蔵庫で冷やしてからいただくと、もちもちとした弾力のある食感に変わっていました。

 

 

賞味期限も短いし、食べきれる量だけにしようもいつも思うのですが、ついつい買いすぎてしまいます💦

 

とはいえ、ずっと気になっていたお店なので、行けて良かった♩

 

 

f:id:yuuyuii:20200806205815j:image

 

f:id:yuuyuii:20200806205829j:image

 

 

御馳走さまでした。

 

 

 

ではでは、今日はここまで。